おんぱく写真部レポート

街角ハープ楽団♪
秋空の下、素敵な音を奏でています。

しかし、ここはおんぱく!
仲の良い楽団のようですが、
この日初めて会い、
初めてハープに触れた皆さんなのです。

案内人は澤田智美さん。
そして楽器は「アルパ」という
南米のハープです。

以前テレビ放送していた「たけしの誰でもピカソ」
という番組でアルパを知ったことが、
演奏をはじめるきっかけになったそうです。

まずは、アルパを持ち上げて、重さを体感。

女性でも片手で持てるくらいでした。

アルパ独特の2本足は床につけて、
反対側を右肩にかけます。

脚の間で楽器を支えながら、指で弦を弾きます。

人差し指でポロン♪
親指でポロン♪

二本の指でもポロロン♪
和音になると、また音の感じが変わります。

ふるさと・海・ぞうさん・紅葉…

耳馴染みのある曲を演奏しました。

皆さん順調にマスターしていきます。すごい!
澤田さんが用意された課題曲もほとんど演奏しました。

たっぷり演奏したので休憩を。
ティータイムもアルパの話題で盛り上がりました。

休憩中にも澤田さんのミニミニ演奏会。
曲はハープで演奏している
ジブリ作品のテーマソングなどなど。

そして、アルパの国の一つであるパラグアイの
伝統的な刺繍「ニャンドゥティ」も
素敵なティータイムを演出してくれました。
テーブルの上のカラフルなモチーフがそれです。

予報では雨だったはずが、ちょっと日も差し
青空ハープ演奏できました!

目の前には金華山と岐阜城、そして長良川。

ハープを抱えて集合写真。

おんぱくでは2回開催なのですが
後半も満席の人気プログラムです。
でも、アルパが気になった方に朗報!
澤田さんは普段から教室をされていますよ。
なかなか触れるきっかけのないアルパですが、
これを機に、あなたもいかがですか。

(018 くま)