おんぱく写真部レポート

毎年冬至の日に開催されるこよみのよぶね。
今回は長良会が担当している「6」をみんなで作るワークショップを開催しました。

まず長良会のリーダー門脇さんから説明を。

長良会のこよみは、鵜匠さんに原案をお願いして描いてもらい、それを元に作ります。
骨組みはすでに長良会メンバーで組んであるので
大人チームは和紙を貼る、
子供チームはその上から貼る切り絵の「6」を貼ることになりました。


お父さん、お母さんが下絵をかいて子供達が切って行きます。
この真剣な表情!!!

こちらの家族は一緒にはさみを持って。。

大きくてカラフルな紙を大胆に切るので子供達は楽しそうです。

大人チイームは骨組みに紙を貼って行きます。
昨年度もこのワークショップに参加した子は、今回初参加の子にやり方を教えながらはっていました。

お父さんよりキレイに貼ってるw

今回、会場をお借りした専応寺の若院もせっせと貼っています。

さて、全体に紙もはって、「6」の切り絵もいっぱいつくって、
本体に「6」を貼っていきます。

「6」が「9」にならないように向きも考えながら、しわにならないように、、。

このワークショップではじめて会った皆さんなのに、いつしかチームワークができていて、
のりをぬるひと、運ぶ人、はる人、、、
とどんどん「6」が貼られて行きます。

さあ、できました!

点灯したのは是非こよみのよぶね当日にご覧ください。

「こよみのよぶね」http://www.dnaand.org/yobune.html

(006:MIKI)