39

限定公開!マボロシの近代化産業遺産を巡る

赤煉瓦の長良川水力発電所と世界かんがい施設遺産 曽代用水見学

明治43年に建築され、明治モダンを象徴する赤煉瓦造りの長良川水力発電所。現在も現役の発電所を特別大公開!近代産業遺産であり、国の登録有形文化財です。

曽代用水は江戸時代初期に作られた歴史ある農業用水路。長さ17キロで現在も美濃市・関市の農地約1,000ヘクタールを潤しています。全国でも珍しい農家主導で建設された用水路で、約350年にわたり農業の発展に寄与しています。昨年、世界かんがい施設遺産に登録!歴史・遺産好きな方、この機会逃すべからず!

下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
Display

【長良川発電所/中部電力株式会社】

明治時代から100年間電気を送り続けており、長良川の水を使って発電しています。自然の地形を利用した流れ込み方式で、ダムを持たない水路式発電所です。明治時代の面影を残す本館、正門などが平成12~13年に文化庁から「登録有形文化財」に登録されました。また、平成19年には経済産業省から「近代化産業遺産」に認定されています!



Display

【曽代用水/曽代用水土地改良区】

曽代用水は、今から約350年前の江戸時代初期の寛文9年(1669年)に造成されて以来、清流長良川から取水し、農業を支える重要な施設となっています。農業用水としての役割を果たすとともに、防火用水などの地域用水としての役割も果たす貴重な用水です!

 

集合場所

Display

JR岐阜駅北口じゅうろくプラザ前観光バス乗降所

〒500-8856

岐阜県岐阜市橋本町1-10

駐車場:有料有

最寄りバス停名:JR岐阜駅

申し込み・問い合わせ先

Display

中部電力㈱岐阜支店お客さま営業グループ 058-264-3343(平日9:00~16:00)

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2016/09/25(日) 09:00 〜 16:30
予約開始
2016/09/13 09:00
予約終了
2016/09/23 12:00
料金
1,000円
定員
24 / 25 人
空席通知登録
1人
最少催行
1人