94

紙漉き職人と一緒にものづくり

透明感が美しい 美濃手漉き和紙でつくるジュエリー

美濃市、長良川の川辺に工房を構える「コルソヤード」、作り出す美濃和紙は水うちわに使われる雁皮紙や最高級の岐阜提灯に使われるカゲロウの羽のような典具帖紙など。

手漉き和紙を素材にして作るアクセサリーには艶やかな透明感があり、新しくも懐かしいノスタルジーを感じさせてくれます。

今回は、美濃の古い町屋の中で本物の和紙にふれながらアクセサリー作りに挑戦してみませんか。和紙について興味深いお話に、ケーキとお茶もつきますよ。主催カミノシゴト http://kaminoshigoto.net/

下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
Display
【澤木健司】
美濃手漉き和紙工房 Corsoyard代表。紙漉き職人。1998年に紙漉きを学びはじめ、2000年より「大光工房」市原達雄氏に師事。2004年に独立。伝統的な美濃紙や落水紙、水うちわ原紙などを漉いています。http://corsoyard.com/
Display
【澤木なみ】
Corsoyardものづくり担当&革の鞄作家。東京藝術大学卒。工房から生まれてくる手漉き和紙をつかい、OrigamiJewelryシリーズやその他商品制作を手がけています。

集合場所

Display

カミノシゴト

〒501-3723

岐阜県美濃市相生町2249

駐車場:なし

※当日は美濃和紙あかりアート展が開催され、うだつの町並みは通行止めになります。
※駐車場情報はhttp://akariart.jpを参考にしてください。

最寄りバス停名:相生町

申し込み・問い合わせ先

Display カミノシゴト 0575-33-0621 (神谷)(月・火・水・木休み)
http://kaminoshigoto.net/

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2016/10/08(土) 13:00 〜 15:30
予約開始
2016/09/13 09:00
予約終了
2016/10/02 16:00
料金
5,000円
定員
4 / 8 人
最少催行
4人

おすすめプログラム

Display