83

技術保持者に教わる一枚の紙から作る桑名の千羽鶴

老舗和菓子屋で楽しむ 不思議な連鶴

江戸時代、桑名の長円寺住職 魯縞庵義道(ろこうあんぎどう)によって考案された「桑名の千羽鶴」は、2羽から97羽の鶴を一枚の紙に切込みを入れて折る連鶴です。この折り方は桑名市無形文化財に指定されています。

この不思議な連鶴を、創業明治7年の老舗和菓子屋「花乃舎」で美味しい季節のお菓子と共に、楽しみませんか?今回、全国で2人いる技術保持者の1人大塚由良美さんと一緒に、3羽の連鶴「昔男」を体験していただきます。

3羽でも千羽鶴?気軽にご参加ください。


下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
Display
【桑名の千羽鶴技術保持者 大塚由良美】
連鶴に出会って30余年。最近連鶴と義道に関する新資料が発見され、義道の研究を深めると共に、新発見の連鶴にも挑戦しなければと思っています。200年前に作る事が出来たのに、今出来ないはずがない!
桑名市博物館歴史専門官。

集合場所

Display

花乃舎

〒511-0088

三重県桑名市南魚町88

駐車場:無料有

最寄りバス停名:田町(三重交通)、博物館前(桑名コミュニティバス)

申し込み・問い合わせ先

Display 桑名ほんぱく公式webサイト http://kuwanahonpaku.net/programs/575a4ed777777764943a0000

または 桑名の千羽鶴を広める会 ☎080-4533-0297

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2016/10/01(土) 10:00 〜 12:00
予約開始
2016/09/13 09:00
予約終了
2016/09/27 00:00
料金
2,000円
定員
10 / 10 人
(満員)
最少催行
1人
備考
桑名ほんぱく公式WEBサイトもしくは、電話での申し込みのみです。
http://kuwanahonpaku.net/programs/575a4ed777777764943a0000

おすすめプログラム

Display