Display
  • 作る |アート&ホビー

技術保持者に教わる一枚の紙から作る桑名の千羽鶴

program No. 117

「十楽市」賑わいの寺町通り商店街で楽しむ、不思議な連鶴


予約はこちらから

江戸時代、桑名の長円寺住職魯縞庵義道(ろこうあんぎどう)により考案された「桑名の千羽鶴」は、2羽から97羽の鶴を一枚の紙に切込みを入れて折る連鶴です。この折り方は桑名市無形文化財に指定されています。寺町通り商店街のお食事処「五大茶屋」で旬の野菜を使った美味しい食事とともに、7羽繋がった「布晒(ぬのざらし)」を折ってみませんか?第三日曜日開催の「十楽市(じゅうらくいち)」は多彩なイベントが行われます。当日はどんな楽しいことがあるのでしょう?鶴を折った後は、買い物や食べ歩きを楽しんでください!



案内人

Display

大塚由良美 桑名の千羽鶴技術保持者

桑名市博物館歴史専門官。連鶴に出会って30余年。最近連鶴と義道に関する新資料が発見され、義道の研究を深めると共に、新発見の連鶴にも挑戦しています。

注意事項

※桑名市営末広駐車場(桑名市末広町36)をご利用ください。

基本情報

117
「十楽市」賑わいの寺町通り商店街で楽しむ、不思議な連鶴
  • 作る |アート&ホビー
参加料

3,000円

窓口

桑名ほんぱく公式webサイト(http://kuwanahonpaku.net/programs/58f6e3416c6f6371fa852c00)
 又は 桑名の千羽鶴を広める会 ☎080-4533-0297

集合場所

五大茶屋(〒511-0074 三重県桑名市南寺町45)
駐車場無料・有料有
最寄りのバス停三重交通バス「寺町」

予約する日程を選択

201711/19 日10:00 〜 13:00WebkinshiWEB予約不可ご予約は窓口まで

program No. 117

「十楽市」賑わいの寺町通り商店街で楽しむ、不思議な連鶴

集合場所

五大茶屋

(〒511-0074 三重県桑名市南寺町45)地図

開催日時
11/19
参加料

3,000円

Moushikomi botan s