DisplayDisplayDisplay
  • 観る |まちを歩く

岐阜大学の教授とあるくのんびりあるき

program No.Original101

【終了済】美濃和紙が和傘になる町 川原町をめぐる旅 

川原町は全国でも有数の和紙の取引地でした。

和紙の用途として大きかったのが、和傘や障子紙、提灯などです。

和傘の問屋は加納が多く今でも数少ないお店が残っていますが、金華にもかつて和傘屋さんがありました。

今年、川原町に「長良川てしごと町家CASA」が新しくオープンして、

小売や実演,ワークショップを始めており、歴史的な町並みのなかで、

和傘を手にする人が増えてきています。

和傘をさして川原町を歩きながら,スイーツも買い食い歩きで楽しみましょう.


案内人

Display

富樫幸一

岐阜大学地域科学部長を務め、岐阜市川原町・岐阜市加納を中心にあらゆる地域に精通した名物案内人。

Display

川原町まちづくり会

暮らしやすい町、安全な町をめざして2001年からまちづくり活動に取り組み、他の地域のまちづくり団体とも交流を図っています。

基本情報

Original101
【終了済】美濃和紙が和傘になる町 川原町をめぐる旅 
  • 観る |まちを歩く
  • 岐阜市
  • お一人様
  • カップル・ご夫婦
参加料

1,000円

窓口

予約はWEBより

集合場所

鵜飼乗船待合所(鵜飼茶屋しゃぐ)(岐阜市上材木町428-2)
駐車場なし
岐阜公園周辺の駐車場
最寄りのバス停長良橋

予約する日程を選択

program No.Original101

【終了済】美濃和紙が和傘になる町 川原町をめぐる旅 

集合場所

鵜飼乗船待合所(鵜飼茶屋しゃぐ)

(岐阜市上材木町428-2)地図

開催日時
10/21
参加料

1,000円

Moushikomi botan s