Display
  • 観る |まちを歩く
  • 文化 |旧くて新しい

日本画壇の巨匠が幼少期を過ごした町をあるく。

program No.Original102

日本画家・川合玉堂の原点を追っかけ! 岐阜町に眠る作品鑑賞ツアー

床の間にかけられた掛け軸。

大火の中に描きこまれたモデルは、岐阜善光寺18世住職・秀晃。

その描き手は、日本画壇の巨匠、川合玉堂だと伝えられている。

同時代、同エリアに生きた二人の関係とは? これが描かれた時、岐阜善光寺の本堂はなかった?

玉堂が通った道を実際に歩き、知られざるエピソードに迫る!

欧州15カ国を訪ね、スペインのガウディ、ドイツのヘルマン・ヘッセなど、

その土地で「作家」と呼ばれるアーティストの足跡を”追っかけ”てきた案内人が、

岐阜では川合玉堂にフォーカス!

▼▼▼▼▼

 長良川おんぱく2019「ぎふのふ」主催プログラム


No.110 長良川みやげに作家直伝・鵜の陶製ペーパーウェイト (10/1(火))
No.108 作家とめぐる野外美術展 森ランチとコンサート鑑賞 (10/14(月祝))
▶︎ No.102 日本画家・川合玉堂の原点を追っかけ! 岐阜町に眠る作品鑑賞ツアー (11/26(火))

案内人

Display

ぎふのふ 代表
関 愛子

東京出身。スイスより帰国後、長良川と金華山の景色に惚れ込み岐阜に移住。作家の生涯を調べ上げ、ネホリハホリ目で耳で足で稼いだ情報の断片を集めてまとめ、読み返す趣味を持つ、自称「アート専門パパラッチ」。狙った作家の膨大な個人史を紐解き導き出したいくつかの解を無手勝トークで披露します!

基本情報

Original102
日本画家・川合玉堂の原点を追っかけ! 岐阜町に眠る作品鑑賞ツアー
  • 観る |まちを歩く
  • 文化 |旧くて新しい
  • 岐阜市
  • お一人様
参加料

3,500円

窓口

予約はWEBより

集合場所

岐阜小学校 正門前(岐阜県岐阜市大工町1)
駐車場なし
最寄りのバス停本町3丁目

予約する日程を選択

201911/26 火10:00 〜 12:00Uketsukemae icon受付開始前

program No.Original102

日本画家・川合玉堂の原点を追っかけ! 岐阜町に眠る作品鑑賞ツアー

集合場所

岐阜小学校 正門前

(岐阜県岐阜市大工町1)地図

開催日時
11/26
参加料

3,500円

Moushikomi botan s