DisplayDisplayDisplayDisplay
  • てしごと|弟子いり

石徹白に伝わる直線断ちの野良ズボン

program No.Original054

オルガン着物を使って「子供たつけ」を作ろう

郡上の最奥の集落・石徹白に伝わる農作業ズボン「たつけ」。直線断ちで作られる和裁の知恵と技術が詰まったズボンです。今回は、オルガン着物とコラボして、可愛らしいポップな柄の着物地で子供たつけを作ります。子供たつけ作りWSは全国初!気に入った柄で子供のたつけを縫いましょう。当日はミシンを持ち込んでいただき、布の裁断から始めます。事前に採寸をしていただき、お子さんのぴったりサイズのたつけを作ります。ご希望の方には大人たつけの寸法出しなどの方法もお伝えします。

 

案内人

Display

平野馨生里

石徹白洋品店店主。岐阜市から石徹白に移住してたつけの制作、草木染め、藍染などを行っている。

備考

ミシン、裁縫道具(縫い糸、裁ちばさみ、糸切りバサミ、チャコペン、メジャー、定規、待ち針等)
*手縫いを希望される方はミシンがなくても結構ですが1日で完成させるのは難しいことを事前にご承知おきください。
*お弁当をお持ちください。

基本情報

Original054
オルガン着物を使って「子供たつけ」を作ろう
  • てしごと|弟子いり
  • 岐阜市
  • 郡上市
  • お一人様
参加料

7,500円(テキスト代含む。生地代は別途2,000円いただきます)

集合場所

手しごと町家 CASA(岐阜市湊町29)
駐車場なし
周辺の有料駐車場をご利用ください
最寄りのバス停長良橋

予約する日程を選択

201910/4 金10:30 〜 15:30Uketsukemae icon受付開始前
201910/5 土10:30 〜 15:30Uketsukemae icon受付開始前

program No.Original054

オルガン着物を使って「子供たつけ」を作ろう

集合場所

手しごと町家 CASA

(岐阜市湊町29)地図

開催日時
10/4
10/5
参加料

7,500円(テキスト代含む。生地代は別途2,000円いただきます)

Moushikomi botan s