DisplayDisplayDisplay
  • 観る |まちを歩く

明智光秀=荒深小五郎の末裔と歩く生誕地・山県市美山|戦国ドラまちEXPO

program No.Original219

《終了済》隠された光秀の真実を探る旅 & 桔梗塚供養祭

知られざる歴史に眠る、隠された真実を巡る。

岐阜県の山奥にある集落にはこのような言い伝えがある。

「天正十年(一五八二)山崎の合戦で
羽柴秀吉に討たれ死んだのは、
光秀の影武者「荒木山城守行信」だとしている。

光秀は荒木山城守の忠誠に深く感銘し、
この事実を子孫に伝えようと荒木の「荒」と
恩義を深く感じての「深」で自らを「荒深小五郎」と名乗り
西洞寺の林間に庵を建てて住んでいた。」

この言い伝えをもとに、この地には荒深姓が多く守り続けている。

明智光秀の供養祭の見学、お昼には光秀御膳がいただけます。


<めぐるスポット>

・桔梗塚(明智光秀のお墓)


案内人

Display

荒深 智成 あらふか ともなり

1988年、岐阜県山県市に生まれる。関西の大学を卒業後、故郷に戻る。
荒深の姓の由来である明智光秀の墓のPRをおこなっている。

基本情報

Original219
《終了済》隠された光秀の真実を探る旅 & 桔梗塚供養祭
  • 観る |まちを歩く
  • 山県市
  • お一人様
  • カップル・ご夫婦
参加料

3000円

窓口

ご予約は ⇒戦国ドラまちEXPO
( https://sengoku-drama.net )
から

予約する日程を選択

program No.Original219

《終了済》隠された光秀の真実を探る旅 & 桔梗塚供養祭

集合場所

山県市美山中央公民館

(岐阜県山県市岩佐1177-1)地図

開催日時
12/1
参加料

3000円

Moushikomi botan s

おすすめ