DisplayDisplayDisplayDisplayDisplayDisplay
  • てしごと|弟子いり

長良川の手しごとの真骨頂!

program No.Original21

和傘職人と自分だけの岐阜和傘糸かがり体験

日本の和傘の7割が岐阜で作られていることをご存知ですか? 
長良川流域は、良質な和紙や竹などが豊富で入手しやすかったことから、
明治~昭和20年代は、月に100万本を超える生産量を誇りました。
現在は職人も減り、材料も入手困難に陥る中、
伝統を受け継ぐ若手の女性職人が活躍しています。
今回は、そんな2人に『糸かがり』の工程を学びます。
糸かがりには内側の傘骨を補強し、装飾として華やかに見せるという役割があります。
好きな和傘の柄を選んで、自分だけの岐阜和傘を仕上げましょう。

和傘一覧

各画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。 

3/7(日) 講師:高橋和傘店 田中美紀

高橋さん柿渋(原液)

3/7(日) 講師:高橋和傘店 (1)
【柿渋(原液)】

高橋さん柿渋(鉄)

3/7(日) 講師:高橋和傘店 (2)
【柿渋(鉄)】

高橋さん柿渋(黒柿)

3/7(日) 講師:高橋和傘店 (3)
【柿渋(黒柿)】

3/14(日) 講師:仐日和(1)
【渦巻紺】

3/14(日) 講師:仐日和(2)
【七宝黄緑】

長良川てしごと町家CASA『和傘CASA』にて岐阜和傘販売中
» 「和傘CASA」Instagram


案内人

Display

高橋和傘店 田中美紀

和傘の老舗問屋、坂井田永吉本店にて十年余り勤めたのち、現在は独立し本巣に工房を構える。丁寧で美しい和傘制作に定評がある。

Display

仐日和 河合幹子

岐阜の和傘問屋の家系に生まれ、幼いころから和傘の制作を身近に見て育つ。話題を呼んだ桜型和傘やオリジナル和傘を手掛けるなど、高い技術で、華やかで美しい和傘作りが評判。

備考

【3/7(日) 講師:高橋和傘店 田中美紀】
事前に和紙の種類を3種類【柿渋(原液)/柿渋(鉄)/柿渋(黒柿)】の中からお選び下さい。
いずれも美濃手漉き和紙に柿渋染めを施したものでそれぞれ色合いが異なります。
【柿渋(原液)】オレンジに近い明るい茶色
【柿渋(鉄)】落ち着いた茶色
【柿渋(黒柿)】こげ茶色のムラ染め
申込みの際、ご希望の和紙の名前をご記入ください。
全て蛇の目傘(雨傘)になります。

【3/14(日) 講師:仐日和 河合幹子】
事前に和紙の柄を2種類【渦巻紺/七宝黄緑】の中からお選び下さい。
無地の和紙と落水紙の二重張りの日傘です。
申込みの際、ご希望の柄の名前をご記入ください。
いずれも日傘になります。(雨の日は使用できません)

基本情報

Original21
和傘職人と自分だけの岐阜和傘糸かがり体験
  • てしごと|弟子いり
  • 岐阜市
  • お一人様
参加料

高橋和傘店:45,000円(和傘代込)
仐日和:47,000円(和傘代込)

窓口

予約はWEBより

集合場所

長良川てしごと町家CASA(岐阜市湊町29)

建物奥の「てしごとスペース」にて行います。

駐車場なし
最寄りのバス停長良橋

予約する日程を選択

Shime icon n
終了
2021
3/14 日
13:00 〜 17:30

和傘代込

予約状況
3 / 3 人

program No.Original21

和傘職人と自分だけの岐阜和傘糸かがり体験

集合場所

長良川てしごと町家CASA

(岐阜市湊町29)地図

開催日時
3/7
3/14
参加料

高橋和傘店:45,000円(和傘代込)
仐日和:47,000円(和傘代込)

Moushikomi botan s